転職市場におけるエステ業界

エステ業界への就職

現在の仕事が体力的、精神的にきつかったり様々な理由で転職を考えている方も大勢いることと思います。がんばって何年か勤めたがやはり自分に合わないという結論に至り、ある程度年齢がいっているのを承知で思い切って転職するケースもよくあります。
近年は癒しブームでリラクゼーションやエステなど直接人の手で触れて施術してもらうようなお店がたくさん増えてきています。疲れている人を癒したい、人に喜ばれたい、自分の腕を試してみたい、そんな気持ちを持っている方は一度経験してみるのも良いかもしれません。エステティシャンは女性に人気がある職業の一つです。ここではそのエステについて説明したいと思います。
エステ業界では、20代前半で入社する人が多いようです。エステはフェイスなど部分的なものであればさほど力もいらないのですが、ボディーの揉み解しなどもありますのでけっこう体力を使う仕事になります。もちろん施術する側に腰痛や体の不調、低体力等の問題があれば仕事に支障をきたしてしまいます。人は年齢を負うごとにそういった体の不調を感じることが多くなってきますので、若くてパワーのある人のほうがバリバリと働ける確率も高いというわけです。
エステに限らずこんな仕事がしたいと思ったときに年齢は関係ないのが真髄ではあるのですが、ほとんどの企業は、年齢が高いと体力も低く、呑み込みも若い人に比べて良くはないし、活動量も減りますから、やはり若くて元気な人材を優先的に選びます。
エステのお店は夜8時や、またはさらに遅い時間まで営業しているところも珍しくありません。そういったところは勤務体制がたいていシフト制なので、朝早くから入るときもあれば夜最終まで勤務しなければならない時もあるので、その点も考えた上で転職を考えたほうが良いでしょう。エステで働くには若い人や独身の人しか続けられないといった現実はあるようです。
家庭を持っていたり、そんなに若くもないしマイペースでやっていきたいなと考えている方は自宅や貸し店舗などで個人的にエステのサロンを開いてやっていくという道もあります。数年間どこかのエステサロンで修行を積んでもよいですし、スクールで勉強してもよいでしょう。まずはしっかり技術を学んで、ある程度経験を積んでから独立の夢をかなえて欲しいと思います。
個人で経営するにはチラシ制作作業や営業など集客の面で大変かもしれませんが、それは実行するかしないかの問題ですので思い切りの良さと、その後の本人の努力次第ということになってくるでしょう。やり始めるまでは非常に不安があるかも知れませんが、最初からすぐに上手くいくことは無いと見据えてあまり多くを望まず、深く考えすぎずに細々としていくつもりで始めてみてはいかがでしょうか。

 

ページの先頭へ